#author("2019-02-02T13:30:35+09:00","default:nsaito","nsaito")
#include(header_asthma);

*DPIとは [#b7497519]
「ドライ・パウダー・インヘラー:''D''ry ''P''owder ''I''nhaler」の略語です。ステロイド薬などを、粉末(ドライパウダー)にして吸入できるようにした薬です。「ドライパウダー定量吸入器」とも呼ばれています。

吸入ステロイド薬や気管支拡張剤や「吸入ステロイド薬と長時間作用型気管支拡張剤」の合剤など、薬品でもDPI製剤があります。

**''[[pMDI]]と比較したメリット'' [#y1d7018e]

[[pMDI]]と異なり吸気を同期させる必要がないために、容易に吸入できます。スペーサーなどの吸入補助具も要りません。

カプセルやブリスターに1回分のお薬が入っていたり、カウンターがついている製剤があり、残量の把握がしやすいことがメリットです。

代替フロン(ex. HFA-134a)などを用いていないので、温暖化対策に貢献します。

**''注意事項'' [#nf97ea02]
**DPIの注意事項[#nf97ea02]
-吸気速度が速くないと、十分に吸い込むことができず、乳幼児では使用が困難です。
-各薬剤に専用の吸入器があります。環境面への配慮という点で、使用後の吸入器が廃棄物として多い事は、さらに検討なされるべきだと思います。
-【私の個人的な経験】 - 吸入ステロイド薬のDPIでは、 [[pMDI]]の製剤に比べて口腔内カンジダの発生がやや多い気がします。
-上記の理由より吸入後のうがいをpMDIよりも強く勧めます。

吸気速度が速くないと、十分に吸い込むことができず、乳幼児では、使用が困難です。

各薬剤に専用の吸入器があります。環境面への配慮という点で、使用後の吸入器が廃棄物として多い事は、さらに検討なされるべきだと思います。

私の個人的な経験を述べますと、吸入ステロイド薬では、 [[pMDI]]の製剤に比べて口腔内カンジダの発生がやや多い気がします。吸入後のうがいの励行を強く勧めます。


**''代表的な薬剤'' [#t1c7fa5f]

-吸入ステロイド薬
--フルタイド アドエア パルミコートタービュヘイラー
-抗アレルギー薬
--インタール
-気管支拡張薬
--メプチン クリック ヘラー

**関連ページ [#r747361c]
>[[pMDI]] 吸入ステロイド薬 気管支拡張剤

#include(footer_asthma);

トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS