◎HomePageに戻る当院の紹介陶板の説明献上蛍-中山道、自転車競争


献上蛍-中山道、自転車競争

吉身西交差点、中山道

献上蛍-中山道

  • 中山道街道文化交流館の2階に掲げられた写真をこちらでも展示させて頂きました。
  • 撮影は大正8年(1919年)頃とされています。
  • 一行が手にしている白い布で包まれた箱は、螢で、これから「献上螢」に出発するところを撮影した写真です。
  • 明治30年代から守山の螢は次第に有名になりました。
  • 当時は四平方メートル当たりに350~380匹というおびただしい数の螢がいたそうです。
    • 南喜右衛門著「稿守山町史 下」による
  • 明治40年に守山の螢が初めて皇室に献上されました。その後明治43年から大正7年まで毎年、螢を皇室に献上していたそうです。
    • するとこの写真は、最後の献上螢の撮影されたのではないかと想像します。
  • 大正13年12月9日「史跡名勝天然記念物」に告示天第1号より決定されました。
    • 京都にも螢は白い布に包まれた箱で届けられました。移動中の汽車の車内では、周囲のお客さんが”お骨”を抱えておられると思われ、手を合わせて拝む方が少なくなかったとか、。
  • 中山道の向こうに、三角屋根洋館の古い西藤小児科の建物が写っています。

自転車競争

  • こちらも中山道街道文化交流館の2階に掲げられた写真をこちらでも展示させて頂きました。
  • 左とほぼ同じ場所で撮影された写真です。
  • 撮影時期は分かりません。中山道を使って、自転車レースが行われていた事があったのですね。大変貴重な写真です。
  • もしも中山道の自転車レースについてご存じの方が折られましたら、ぜひとも情報提供をお願いいたします。

ページの移動

<< 前の写真陶板の説明次の写真陶板の説明 >>

関連するページ


◎HomePageに戻る当院の紹介陶板の説明献上蛍-中山道、自転車競争

Counter: 132, today: 1, yesterday: 1

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-06-04 (木) 09:47:11 (116d)