西藤小児科こどもの呼吸器アレルギークリニック(滋賀県守山市) >> こどもと喘息

気管支拡張薬

  • 気管支の平滑筋を弛緩させ気管支を広げる働きがあります。
  • 主に喘息発作時の治療薬として使われます。
  • 吸入ステロイド薬と合剤となって、気管支喘息の長期管理薬としても、気管支拡張薬が使われる場合があります。
  • 気管支拡張薬には、主に「β2刺激薬」、そして「テオフィリン製剤」などがあります。

β2刺激薬

剤型には「内服」「吸入薬」「貼付薬(テープ)」などがあります。

  • 内服
  • 貼付薬(テープ)
  • 吸入薬

テオフィリン製剤

  • 小児においてテオフィリン製剤は、熱性痙攣の閾値を下げる(痙攣を起こしやすくする)などの問題が指摘され、最近ではあまり使用されなくなっています。
  • 剤型は、概ね散剤(徐放製剤)。
    • 一時期 シロップもありました。

その他

発作治療薬の効果の推移

関連ページ

発作治療薬 β2刺激薬 テオフィリン製剤 ホクナリンテープ メプチンエアー

★ アンケートにご協力をお願いします。

このページはあなたの問題解決に役立ちましたか?

選択肢 投票
はい 5  
いいえ 1  

西藤小児科こどもの呼吸器アレルギークリニック(滋賀県守山市) >> こどもと喘息

Counter: 8929, today: 1, yesterday: 2

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2021-07-20 (火) 21:50:21 (100d)